総合医療学講座

幅広い診療能力を有する総合医の育成及び大学病院と地域医療機関との連携形態(地域医療の充実)の確立を目的として

総合診療評価アンケート

GPAQ-J (Japanese version of General Practice Assessment Questionnaire)

General Practice Assessment Questionnaire (GPAQ)は英国で作成された総合診療医の診療を評価するために作成された質問紙であり、それを元に当施設で日本版のGPAQを作成しました。本質問紙は、診察終了後に行うように作られており、診察を担当した医師のコミュニケーションを中心に、医師の継続性、医療機関の受付やアクセス、診察前後の変化が測定できます。また最後にフリーコメントの項目も含まれております。医療機関における医師の診療や診療所に対してフィードバックをもらうことで、研修医の育成や医師及び医療機関のサービスの向上に寄与することが期待されます。

開発論文は、下記です。
Kijima, Tsunetaka, et al. "Development of the Japanese version of the general practice assessment questionnaire: measurement of patient experience and testing of data quality." BMC family practice 19.1 (2018): 181.

本質問紙の使用に制限はありません。

総合診療評価アンケート(GPAQ-J)

PDF(683KB)ダウンロード>>

総合診療評価アンケートの解析方法について

PDF(55KB)ダウンロード>>

ページトップへ