総合医療学講座

幅広い診療能力を有する総合医の育成及び大学病院と地域医療機関との連携形態(地域医療の充実)の確立を目的として

綜合医療講座ブログ

マルガリータ先生のポリクリ はじめました。

先週の地域医療・総合医療学のポリクリから、英語の医療面接がはじまりました。

スウェーデンのルンド大学とテレビ会議システムで繋ぎ、家庭医のマルガリータ教授との講義です。マルガリータ先生が患者役になり、英語での医療面接を行います。

英語での問診、診断はなかなか大変だと思いますが、5年生のみなさん、がんばってくださいね(^_-)-☆

第5回島根・セメイ国際シンポジウムを開催しました!

1月25日、みらい棟ギャラクシーにて「第5回島根・セメイ国際シンポジウム ~世界の放射線被曝による健康問題~」を開催しました。

早いもので第5回を迎えたシンポジウムですが、今回はカザフスタンのセメイ医科大学、カラガンダ医科大学より、学長、副学長にもご参加いただき、長年この活動にご尽力されているセメイ医科大学、ナイラ・チャイズヌソバ教授の島根大学臨床教授授与式も行いました。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

第15回鑑別診断道場 開催しました!

1月24日、15時半より、みらい棟ギャラクシーにて「第15回鑑別診断道場」を開催しました。講師は亀田ファミリークリニック館山 院長 岡田唯男先生、プレゼンは研修医の井上圭亮先生です。

チュートリアルでの岡田先生の講義から続いてたくさんの新4年生に参加してもらいました。皆様お疲れさまでした!

 

チュートリアル 入門コース終了しました!

大変に遅ればせながら・・・2018年初のブログアップとなってしまいました。。これからどんどんアップできたらなーと思っています。

1月19日~26日、新4年生のチュートリアル入門コースを行いました。新4年生の一番最初のチュートリアルを毎年 総合医療学が担当させてもらっています。今回は初の試みとして反転授業を行い、症候学の授業では小テストも実施しました。授業についてたくさんアンケートを取らせてもらったので、今後の授業に反映させていきたいと思います。

 

第14回 鑑別診断道場 開催しました!

12月8日(金)、みらい棟4F ギャラクシーにて、「第14回鑑別診断道場」を開催しました。

今回の講師は、筑波大学付属病院 水戸地域医療教育センター教授の小林裕幸先生です。当日交通機関の遅延があり、残念ながら小林先生のご到着が遅くなってしまいましたが、和足先生のお力も借りて、オンタイムでスタートしました。症例発表の小野先生のプレゼンもすばらしかったです。参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

 ~今回の小林先生からのエッセンス~

「不可能なものを除外していって残ったものが、たとえどんなに信じられなくても、それが真相である」

総合診療セミナー応用編「第2回臨床能力試験」

先週の金曜日、クリニカルスキルアップセンターにて、第2回目となる臨床能力試験を行いました。7月に行った第1回目は6年生を対象としておりましたが、今回は5年生が対象で、6名の学生さんに参加いただきました。医療面接⇒身体診察⇒カルテ記載⇒そして最後に石橋先生からの解説、フィードバックがありました。

今回にて、今年度の総合診療セミナーは終了となります。「1年で総合力を鍛える」というテーマのもと基礎編、応用編と開催してきました。ご協力、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。<(_ _)>

2017忘年会&長見先生の送別会

12月初旬、大田市にて、総合医療学講座の忘年会&長見先生の送別会を行いました。

当日はけっこうな雨降りであいにくのお天気でしたが、大田市立病院へ研修に来られていたセメイ医科大学(カザフスタン)の先生3名も参加され、久しぶりに大田の地で勢揃いとなりました。

また、今回送別の長見先生は、約1年という短い在籍期間でしたが、総合診療医としてのインパクトを残されたのではないかと思います。論文を多く執筆しておられる先生へ、こだわりの万年筆をプレゼントさせていただきました。今後のご活躍を医局員一同心よりお祈りしております。<(_ _)>ありがとうございました!

総合診療セミナー応用編「第6回 心聴診して、心電図も学ぶ」

11月24日、クリニカルスキルアップセンターにて、総合診療セミナー応用編「第6回 心聴診して、心電図も学ぶ」を開催しました。今回は高橋先生の担当で、シミュレータのイチローくんを使ってのセミナーでした。今回の第6回で心聴診セミナーは終了となります。ご参加、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!

1年にわたって開催している 総合診療セミナーは、次回12月22日(金)に開催予定の「臨床能力試験 POST CC OSCE」で最後となります。対象は医学科5年生、16名です。試験後に評価とフィードバックを行いますので、ぜひこの機会にご体験ください(^_^)/~

(お申込みはクリニカルスキルアップセンターへどうぞ!!)

 

総合診療セミナー基礎・特別編「Movie Clipsで学ぶ Reflective Attitude(省察的態度)」

11月17日、17時より、国際交流ラウンジにて、総合診療セミナー基礎・特別編「Movie Clipsで学ぶReflective Attitude(省察的態度)」を開催しました。講師は木島先生と、スウェーデン、ルンド大学の家庭医、マルガリータ・トレイン先生です。

映画「ライオン・キング」「アバウト・シュミット」「アメリカン・ビューティー」を題材に様々な省察的態度について話し合いました。「省察的な態度」ということで、医師、医学生の立場から、普段の臨床場面に関連することはもちろんですが、人生についていろいろと考えさせられる題材でした。多くの方々が最後に上映した「アメリカン・ビューティー」のインパクトがかなり強く残ったようでした。

ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました<(_ _)>

ルンド大学 ヤン先生とクリスティーナ先生の特別セミナー

11月6日、17時より、みらい棟ギャラクシーにて、総合医療学講座主催「ルンド大学の家庭医における研究」について、特別セミナーを行いました。

講師は、スウェーデン、ルンド大学の家庭医、ヤン・サンドクィスト教授とクリスティーナ・サンドクィスト教授です。スウェーデンの家庭医が行っている研究、コラボレーションによる研究の魅力、いまこれから求められる研究についての紹介等がありました。最後の質問タイムでは様々な質問に対し、ヤン先生、クリスティーナ先生が丁寧に答えておられました。

ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました<(_ _)>

ページトップへ