総合医療学講座

幅広い診療能力を有する総合医の育成及び大学病院と地域医療機関との連携形態(地域医療の充実)の確立を目的として

綜合医療講座ブログ

11月 2018

総合診療セミナー「Scientific Writing 基礎編」~スウェーデン・ルンド大学~

11月21日、スペインのペネロペ先生のセミナーの後に、続いて総合診療セミナー「Scientific Writing 基礎編」を開催しました。講師はスウェーデン・ルンド大学の家庭医、クリスティーナ・サンドクィスト教授です。

Scientific Writingということで、英語論文の書き方について、ひとつひとつ丁寧にお話いただき、とてもやわらかい語り口で質問もしやすい雰囲気でした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

総合診療セミナー「診療現場における人の行動の分析と実験的アプローチ」~スペイン・バレンシア大学~

11月21日、みらい棟4階ギャラクシーにて、総合診療セミナー「診療現場における人の行動の分析と実験的アプローチ」を開催しました。講師は、スペイン・バレンシア大学の行動経済学者、ペネロペ・ヘルナンデス先生です。

講義では、行動経済学の歴史や、診療現場での行動変容についてお話いただきました。行動変容をきちんと取り入れたら、ダイエットも簡単にできるんだろうな~と思いました(笑)

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

総合医セミナー基礎編「第3回 神経所見」

11月6日、クリニカルスキルアップセンターにて、「第3回 神経所見」を行いました。

今回のテーマは「意識障害患者の見方」です。山形先生がモデルとなって意識障害のレクチャーをしました。

参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

 

総合医セミナー応用編「第6回 国試:循環器臨床問題対策」

11月2日、クリニカルスキルアップセンターにて、シリーズ最終回となる「第6回 国試:循環器臨床問題対策」を行いました。講師は高橋先生です。

今回もイチローを使ったレクチャーで、これで国試対策も完璧?だと思われます。続いて参加いただいた学生さんも多く、大変喜んでおります。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

 

ページトップへ