総合医療学講座

幅広い診療能力を有する総合医の育成及び大学病院と地域医療機関との連携形態(地域医療の充実)の確立を目的として

綜合医療講座ブログ

3月 2017

第5回日本プライマリ・ケア連合学会 中国ブロック支部学術大会を開催しました!

3月11日(土)12日(日)、島根大学医学部にて「第5回日本プライマリ・ケア連合学会 中国ブロック支部学術大会」を開催しました。

【1日目】

 ・ポートフォリオ発表会(中国ブロックの専攻医)

 ・ポスター発表(指導医および中国ブロック支部外の専攻医)

 

【2日目】

☆専攻医向けセミナー

 ①-a 行動変容の理論と実践(講師:浜田市国保診療所連合体 あさひ診療所 佐藤誠先生)

 ①-b 総合診療医のためのパーキンソン病の診かた(講師:大田シルバークリニック 岡田和悟先生)

☆指導医向けセミナー

 ②-a ポートフォリオ指導講座 ケースで学ぶ指導のポイント編(講師:出雲家庭医療学センター 藤原和成先生、岡山家庭医療センター 玉井友里子先生、鳥取大学医学部地域医療学講座 朴大昊先生)

 ②-b ポートフォリオ指導講座 有名指導医に学ぶノウハウ編(講師:岡山家庭医療センター 松下明先生、広島大学病院 横林賢一先生、出雲家庭医療学センター 高橋賢史先生、藤原和成先生、岡山家庭医療センター 玉井友里子先生)

 

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

第9回Vascular Lab in 出雲 2017 ~在宅医療とバスキュラ・ラボ:「足のむくみ」~を開催しました!

3月4日(土)、みらい棟4F ギャラクシーにて「第9回Vascular Lab in 出雲 2017」を開催。今年のテーマは「在宅医療とバスキュラ・ラボ」と題し、主に下肢のむくみに注目しました。

加藤病院 副院長の大畑先生には、高齢者疾病の特徴と在宅診療でのポイントを、島根大学医学部皮膚科学講座の林田先生には、リンパ浮腫の鑑別、その発生機序、最新の治療のお話を、そして関西電力病院 臨床検査部の佐藤先生には、エコーからのむくみの鑑別を8つのステップに分けてハンズオンを混じえてご講義いただきました。いずれも素晴らしい内容であっという間の2時間でした。 そして後半のハンズオンでは弾性ストッキング、褥瘡エコー、いずれも大好評でした。 ご協力いただきました皆様には心よりお礼を申し上げます。

このVascular Lab in 出雲も来年で10回目となります。節目となる来年も引き続きのご支援をいただきますようお願い申し上げます。

 

ページトップへ