総合医療学講座

幅広い診療能力を有する総合医の育成及び大学病院と地域医療機関との連携形態(地域医療の充実)の確立を目的として

綜合医療講座ブログ

10月 2015

第10回鑑別診断道場 開催!

10月29日(木)13:00より、みらい棟4Fギャラクシーにて、「第10回鑑別診断道場」を開催しました。講師は、水戸協同病院総合診療科 小林裕幸先生です。

今回のタイトル「歩行困難を主訴に来院した22歳男性」について、小林先生の「タイトルはすでに主訴です。ネット検索はなしですよ!」のご発声により、鑑別診断道場がスタートしました。グループごとにタイトルから病名をいくつか挙げ、次にcaseの詳細を見てさらに考え、病名の変更、追加を実施。その後も小林先生からの情報をさらに確認し、再度考え、鑑別に変更がないかプロブレムリストを挙げていきました。

そして、最後はドクターG形式でグループごとに鑑別結果を紙に書いて発表しました。Aグループは「GBS」。Bグループも「ギランバレー症候群」。Cグループは「筋ジストロフィー」。

正解は→「ビタミンB1不足による脚気」でした。

今回は医学生のみの参加でしたが、各グループ一所懸命に病名をひも解いていく姿が印象的でした。

小林先生、温かいご指導ありがとうございました!

総合セミナー基礎編「第3回医療面接勉強会」

先週の金曜日、岡山の「NPO法人・響きあいネットワーク岡山SP研究会」より、代表・前田純子さん、末藤佳江さん、中川一郎さんにお越しいただき、第3回医療面接勉強会を開催しました。担当は、当講座の木島庸貴先生です。

当日のスケジュールは。。。

 14:00-16:55 SP勉強会(講師:前田純子さん)

 17:00-18:00 医療面接ロールプレイ(岡山、島根のSPさん+学生)

 18:00-18:30 学生ふりかえり

まず初めに、SPさんの自己紹介。前田さんより島根のSPさんへ「子どものころの思い出のお菓子を教えてください」との問いかけに、いろいろな思い出のお菓子が登場。(お母さんの手作りおかし、スイートポテト、蒸かしたさつまいも、などなど)とてもなつかしく、ほっこりした気持ちで勉強会がスタートしました。

次に、岡山SP研究会の活動紹介、SPが大切にしていることについて、模擬患者と標準模擬患者(オスキー対応)のちがいなどについてお話がありました。SPの役割とは「患者の症状から気持ちまでイメージする、こころの動きを捉えてフィードバックする→気づきを促すきっかけになる」とのご指導に島根のSPさんからは「感動した!」との声が上がりました。

そして、学生さんも合流し、医師役、観察者、患者役(SP)に分かれて繰り返しロールプレイを実施。6年生の参加者から「医師役の人は目標を決めてやること。また自分を客観的に見るためにスマホなどで録画をするといい」とのアドバイスがあり、どのグループも録画をすることにしました。先輩からの経験上のアドバイスって貴重ですね(^_^)

ロールプレイのふりかえりでは、SPさん「医師役の目の力が強く、引き込まれるようだった!」 医師役「2周目だったので、ある程度病状の予想をして質問してしまったため、患者さんを困惑させてしまった…」などの感想がありました。

今回が全3回の医療面接勉強会の最後でしたが、岡山SP研究会のみなさまのご協力により、島根のSPさん、学生さんにとって今までの中でも貴重な学びがあった勉強会ではなかったかと思います。最後に遠いところお越しいただいた、前田さま、末藤さま、中川さま、大変お世話になりました。ありがとうございました!!(またよろしくお願いします(^_-))

 

 

 

メルボルンのおみやげ

先週、オーストラリアのメルボルン出張から帰国された本田先生より、おみやげをいただきました。

チョコレートとコアラ and カンガルーのマグネットです。(早速使ってます!)

ありがとうございました(^_-)-☆

総合セミナー基礎編「第2回 神経所見」

昨日の17時から、クリニカルスキルアップセンターにて、山形真吾教授の総合セミナー「第2回神経所見」を行いました。今回は5年生と6年生のみなさんに参加いただきました。

今回は主に眼底鏡を使って、眼底と視神経を診る練習をしました。「なかなか見えない!」との声もちらほら。。参加者から活発に山形先生への質問が飛んでおりました。

 

総合セミナー応用編「心エコー実践」

先週の金曜日18:00から、クリニカルスキルアップセンターにて、総合セミナー応用編「心エコー実践」を開催しました。講師は石橋豊教授です。研修医の先生から医学科5年生、6年生のみなさんに参加いただきました。

体の様々な部分の超音波検査の中でも、特に専門的な知識が必要である心エコー。救急の現場で使えるようにと、石橋先生からご指導いただきました。

今回、総合医療学講座で開催している「総合セミナー」ですが、毎回修了証をお渡ししています。修了証をもらわれた方は最後に抽選があり、石橋先生からステキなプレゼント?があるそうなので、今後もぜひ参加してくださいね!

総合セミナー応用編「腰椎穿刺」

昨日の17時より、山形教授の総合セミナー応用編「腰椎穿刺」を開催しました。現在医学科5年生のポリクリでやっている内容ですが、今回は4年生にも参加いただきました。

まず、針を自分に刺さないように注意があり、腰椎穿刺+α 注射器の持ち方なども教えてもらいました。(少人数制のいいところです^^)じっくり2回実践できました。

次回の山形教授の総合セミナー(基礎編)は10月20日「神経所見、第2回目」です。山形先生は普段は大田市立病院におられるので、大学でお見かけすることはあまりないですが、笑顔のステキなとても優しい先生なので、ぜひこの機会にいろいろとお話をしてみてくださいね。

 

 

祝♡講座設立4周年!

10月1日は講座の設立4周年記念!記念日にかこつけて医局会時にケーキでお祝いしました。

5年目に突入した総合医療学講座、今後ともどうぞよろしくお願いいたします(^_-)-☆

 

 

ページトップへ