総合医療学講座

幅広い診療能力を有する総合医の育成及び大学病院と地域医療機関との連携形態(地域医療の充実)の確立を目的として

綜合医療講座ブログ

2月 2015

○o。3月のワーク・ライフ・バランス・ウィーク(3/16-22)

総合医療学講座では、月に1週間「ワーク・ライフ・バランス・ウィーク」を作っています。

おかげさまで、このたびはWLB支援室にて、当講座の取り組みを取り上げていただきました。

今後とも、「働きやすい環境づくり」について、考えていきたいと思います。

○。WLB支援室より、ご訪問がありました。

本日、ワークライフバランス支援室より、当講座のワークライフバランスの取り組みについて、取材?がありました。(取り上げていただいてありがとうございます!)

今回は、昨年の11月からワークライフバランスウィークを設けている当講座をピックアップしていただき、その活動をWLB掲示板にて紹介していただきます。

院内のろうかを通られるときには、ぜひ掲示板をご覧くださいませ。。。

山陰中央新報(2/16掲載)「医師不足」について

2月16日の山陰中央新報に「医師不足」についての記事が掲載されました。

当院の「地域総合診療科の活用」「外科系総合医の育成」、

また地域での総合医の必要性についても書かれています。

ぜひご一読ください!

 

島根大学医学部 地域医療支援学講座のfacebookよりhttps://www.facebook.com/unnan.city.hospital/photos/a.560236990679522.1073741828.545532898816598/805524079484144/?type=1&fref=nf

木島先生にお土産をいただきました☆again

最近、出張の多い木島先生。

週末の東京出張のおみやげ「東京ばななのレーズンサンド」をいただきました。(いつもすみません。。)

バナナ風味のホワイトクリームとレーズンの相性がぴったりです^^!

 

 

ポリクリの風景・・・外科編

先週木曜日にあった外科のポリクリ紹介です。今回の担当は大田総合医育成センター長の野宗先生(外科)です。また、1月から大田市立病院にて研修中のセメイ医科大学(カサフスタン)からの留学生、ラウラさんも参加し、ポリクリを行いました。

まず、みんなで自己紹介。ラウラさんがいらっしゃるので、英語で自己紹介をしました。英語だと日本語とちがってよりラフな会話(出身地や趣味の話etc..)になるので、笑いあり、リラックスムードでスタート。その後、野宗先生から縫合の仕方の説明があり、実際に縫合セットを使って実践。毎回思いますが、みなさんとても上手でした。

Douglas S. Paauw M.D's Case study + Lecture

本日の午前中、みらい棟2階、共通カンファレンス室にて、ワシントン大学教授、ダグラス・パウ先生の特別講義がありました。受講者は現在ポリクリ中の5年生の2グループ。講義内容は「英語版、鑑別診断道場」!全編英語にて行われました。

症例発表は大田市立病院にて後期研修中の能美雅之先生。症例は「76歳女性、嘔吐と体調不良で受診」。受講者は2,3人のグループに分かれ患者さんの様々な症状から診断をしていきました。そして What is your final diagnosis? →Answer is Femoral hernia. 病名は「大腿ヘルニア」でした。

最後にパウ先生から「間違いは誰にでもある。医師だけでなく看護師さん、薬剤師さんとも連携をしてミスをなくすシステムを作り、組織で共有することが大切」とのアドバイスをいただきました。

 

ポリクリの風景・・・腰椎穿刺編

今週火曜日にあった「腰椎穿刺・胸腔穿刺」のポリクリ紹介です。今回の担当は大田総合医育成センターの山形先生(神経内科)です。

場所はおなじみのクリニカルスキルアップセンターにて、まずは腰椎穿刺の実習。腰のシュミレーターを使用し、針を刺す場所を探っていき、腰椎に刺さると髄液に見立てた水が出てきます。先生から穿刺の際の注意事項等のレクチャーがあり、学生さんが実践。みなさん真剣な眼差しで実習に取り組んでおられました。

吹雪です。。。

本日の島根県は冬型の気圧配置と寒気の影響で雪が降っています。。

昼ぐらいから外は猛吹雪!!医局の窓からの風景はこんな感じでした(;_;)

ポリクリの風景・・・泌尿器科編

先週の金曜日、医学科5年生を対象のポリクリ(臨床実習)がありました。担当は大田総合医育成センターの本田先生(泌尿器科)です。

まずは、クリニカルスキルアップセンターにて、シュミレーターを使ったエコーの実習。この日、本田先生は外来だったのですが、診察が長引き、ポリクリの開始時間に間に合わなかったため、前半は泌尿器科の先生お2人に指導していただきました。(写真①②)

後半は、本田先生とともに泌尿器科の外来の診察室へ移動。実際に学生さんが被験者となり、エコーの練習をしました。(写真③)

~家庭医療勉強会の紹介~

毎週水曜日の18:00-20:00に出雲市民病院にて、出雲家庭医療学センターと合同で「家庭医療勉強会」を行っています。先週の回は、家庭医療界でご活躍中の亀田ファミリークリニック館山医院長の岡田唯男先生にワークショップを行っていただきました。

今回のテーマは、「ポートフォリオの作り方」。みなさんはポートフォリオをご存じでしょうか?ポートフォリオとは、主に金融、経済、建築分野で用いられるもので、医療分野では臨床をすすめていく中で得られる、情報、自分の気づき、などをレポートしたもののことです。専門医の認定の際にも必要となります。勉強会では、現在後期研修中の能美先生と松本賢治先生(大田市立病院)と松本翔子先生(大曲診療所)のポートフォリオを用いて、岡田先生からご指導いただきました。写真からも先生たちの熱い気持ちが伝わってきますね。

 

家庭医療勉強会に興味、関心のある方は、いつでもお気軽にお問合せください!!

【家庭医療勉強会】

 日  時: 毎週水曜日、18:00-20:00

 場  所: 出雲市民病院

 連絡先: 島根大学医学部総合医療学講座 助教 木島庸貴(きじまつねたか)

 電  話: 0853-20-2635 メール:kijima@med.shimane-u.ac.jp

 

ページトップへ