総合医療学講座

幅広い診療能力を有する総合医の育成及び大学病院と地域医療機関との連携形態(地域医療の充実)の確立を目的として

綜合医療講座ブログ

4月 2014

Lund大学視察報告 ~木島先生~

この度、2014年3月17日~3月24日の期間でスウェーデンのルンド大学に行ってきました。ルンド大学は、プライマリ・ケア領域の研究において先進的な活動を行っている大学です。私自身も、4月から総合診療医指導者育成コース(博士課程)に入学する予定でしたので、幸運にもこういった機会を得ることができ、他国で家庭医の研究の様子や家庭医療の実践の現場を視察してくることができました。

 Lund大学では医師に限らず、様々な医療従事者が研究を学ぶための仕組みができており、実際に年100件程度の論文が執筆されています。また診療所で働いている医師であっても、研究について学び、実践するために週1日を研究日として時間が確保され、また診療所にいながら大学に所属する専門職種にサポートしてもらって研究を行えるとのことでした。実際に診療所でfull-timeで働きつつ、4年間で研究をいくつか仕上げて学位を取得することは大変な作業であるという意見があるものの、実際の診療から週1日でも離れて研究に没頭できる時間が確保されることの意義は大きいという意見がありました。

 私自身も、日本の家庭医療に関する話や私の研究についてプレゼンする機会がありました。私にとっては大変チャレンジングな課題でしたが、様々なことについて意見交換や議論をすることができたのは非常に刺激的な経験となりました。

 今回の経験を今後の島根での活動に役立てて、島根県の総合医療・家庭医療の発展に貢献していきたいと思っています。

ページトップへ